FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14/10/02追記
どうも、Q0店主、翼の騎士と申します。

まだまだ参加まで時間が掛かるので…
GMの準備がどれくらい大変なのかを、自分から体験してみることにしました。

え、なんでそんなことするのかって?

暇だから

…も、ありますが、単に 楽しいから ですかね。





【秘密結社紹介・Q0式】
※初期クレジット200、クローン6開始※

1.FCCCP(救世主たるプログラマのための第一教会)
コンピューターをこの世の救世主(神)として信仰・狂信する結社。
この組織は公認であり、社会的に優遇されている。

特典:バレると有利になる可能性が有り、SCも上がり易い
欠点:他結社が全員敵でしかない

メインミッション:
ブリーフィングルームで言い渡されるミッションと大抵同じ
サブミッション:
1.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
2.ウィキペディアンが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.メタリカが居る場合、彼らを助ける(コンピュータ様が気に入ってるし‥‥)
4.プロテックが居る場合、(他にばれる直前までは)彼らを見過ごす
5.天然物が居た場合、捕らえる

―――――――――――――――――――――――――――――――――

2.アース・マザーズ
クローンを否定し、新たな命の誕生を良しとする結社。
女性が多く、何故か情報収集に長けている。

特典:耐久力+20と感受性の能力値+1
欠点:クローン-4

メインミッション:
人間の未来についてチームメンバーと雑談する
サブミッション:
1.クローンレンジャーが居る場合、彼らを6回以上.殺.害.する
2.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.メタリカが居る場合、1回以上破壊する
4.ユマニストが居る場合、彼らの協力を仰ぐ
5.ロマンテクスが居る場合、彼らの協力を仰ぐ
6.クイーンゼロが居る場合、彼らの協力を仰ぐ
7.パージが居る場合、彼らの協力を仰ぐ
8.何とかして生き延びる
9.天然物が居る場合、守る

―――――――――――――――――――――――――――――――――

3.アンチ・ミュータント
札持ちを含む、ミュータントの存在を許さない.殺.人.鬼.の結社。
この組織は公認であり、ミュータント能力の知識に強い。

特典:能力の看破と回避、1クローン中1回能力妨害
欠点:結社の人間に自分が能力持ちだとばれると‥‥

メインミッション:
チームメンバー全員の能力の看破
サブミッション:
1.サイオンが居る場合、彼らの能力を妨害し3回以上.殺.害.する
2.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.チームメンバー全員を能力を看破した後に最低1回以上.殺.害.する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

4.イルミナティ
上位SCや、コンピューター等の抹消と破壊を企む.テ.ロ.リストの結社。
力有るものが、力を示して上位へと上がり、彼らの命令は絶対。
殺.す.か、死.ぬ.か.し.か.選択肢が無い。

特典:所持クレジット+200と器用の能力値+2
欠点:仕事を(やむを得ずでも)サボろうものなら‥‥

メインミッション:
依頼先の機器の破壊
サブミッション:
1.チーム内もしくは依頼先の上位SCを.殺.害.する(依頼主でも可)
2.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.デスレパが居る場合、(ばれる直前までは)彼らと協力する
5.フランケンシュタインが居る場合、彼らと協力する
6.パージが居る場合、支援を仰ぐ
7.さりげなくミッションの邪魔をする

―――――――――――――――――――――――――――――――――

5.ウィキペディアン
コミュニストに似て非なる結社。
彼らは情報を欲していて、情報だけは平等であるべきと考えている。

特典:感受性の能力値+2
欠点:うっかり口を滑らせてコミュニストだと思われる

メインミッション:
できるかぎり大量の情報の奪取
サブミッション:
1.奪取した情報をさりげなくチームメンバーに提供する
2.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
3.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

6.クローン・レンジャー
クローンの存在を良しとし、それを素晴らしきものと考える結社。
違.法.にクローンを奪取して売りさばいたりしている。

特典:残りクローン+3と追加購入
欠点:耐久力-5(1より低くはならない)

メインミッション:
チームメンバー全員のクローンの登場を見る
サブミッション:
1.アースマザーズが居る場合、彼らをロストさせる
2.デスレパが居る場合、彼らを3回以上.殺.害.する
3.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.自由企業が居る場合、彼らと協力する
5.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
6.天然物が居る場合、観察する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

7.コープ・メタリカ
人間の未来に絶望し、自ら機械化を選んだ者たちの結社。
彼らは体の一部~大部分を機械化してコンピュータも嬉しい。
たまに、機械操作の所為で(NPCは)爆発するようだ。

特典:体の一部を機械化して、任意の2種の能力値+1
欠点:メンテナンスが必要。またSCが上がるにつれて機械対象スキルが弱点に

メインミッション:
人間の未来についてチームメンバーと雑談する
サブミッション:
1.FCCCPかプロテックが居る場合、彼らに1回以上メンテナンスしてもらう
2.フランケンシュタインが居る場合、彼らから機械を守り1回以上.殺.害.する
3.パージが居る場合、彼らから機械を守り1回以上.殺.害.する
4.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
5.アースマザーズが居る場合、彼らをロストさせる
6.天然物が居た場合、捕らえてFCCCPかCPUに引き渡す

―――――――――――――――――――――――――――――――――

8.コミュニスト(共.産.主義)
共.産.主義を名乗っているだけの一般人による一般人の為の結社。
全ては平等で在るべきと唱え、最弱にして最大の脅威とされている。
因みに、彼らは実際に共.産.主義がなんたるかを理解しているわけではない。

特典:あつかましさの能力値+2とプロパガンダ+2
欠点:プロパガンダの使い所を間違えると不利にしかならない

メインミッション:
チームメンバー全員にプロパガンダをかける
サブミッション:
1.1人でもプロパガンダが掛かった状態のメンバーを最後まで生かす
2.必ず生きて帰る
3.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
5.世界国際労働者組合が居る場合、利用する
6.デスレパが居る場合、利用する
7.フランケンシュタインが居る場合、利用する
8.イルミナティが居る場合、利用する
9.パージが居る場合、利用する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

9.コンピュータ・フリーク(コンピュータ狂.信.者)
ハ.ッ.カ.ーや、荒.し.共が蔓.延.(はびこ)っている危ない結社。
何がって、引き篭もった上で危険を楽しんでいる辺りがとっても危険。
機械の内部から掻き乱すので、妙な不具合は彼らの仕業の可能性も。

特典:コンピュータープログラミング+1とハ.ッ.キ.ン.グ+1
欠点:作業への集中力がある代わりに機械外部のコトには気がつき辛い

メインミッション:
3回以上ハ.ッ.キ.ン.グする
サブミッション:
1.プロテックが居る場合、彼らが改造した物をめちゃくちゃにする
2.ユマニストが居る場合、彼らの邪魔をする
3.メタリカが居る場合、彼らを1回以上破壊する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

10.サイオン
ミュータント能力を崇拝、依存し、開発に打ち込んでいる結社。
彼らはなんとミュータント能力を新たに開花させることが出来る。
その為か、人によっては同結社以外の人間を見下しているような節も。

特典:MT能力+2と2つ目の能力所持
欠点:テレポート以外でも無意識に能力を使用してしまい、バレやすい

メインミッション:
能力を5回以上使用する
サブミッション:
1.アンチが居る場合、彼らの監視を上手くかいくぐって1回以上.殺.害.する
2.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
5.天然物が居る場合、観察する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

11.サバス・ホール
鍛え上げられた肉体の可能性を信じている結社。
安易に能力や機械に頼らず、力の一対一による真剣勝負を重んじる。
とはいえ、別に能力や機械を使ってはいけないわけではない。一応。

特典:筋力の能力値+2
欠点:時々武器があることを忘れる

メインミッション:
能力の使用を3回以内に留める
サブミッション:
1.1回以上、1対1の勝負をする
2.デスレパが居る場合、彼らを.殺.害.する
3.メタリカが居る場合、彼らを破壊する
4.サイオンが居る場合、1回以上殴る(注※.殺.害.ではない!)
5.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
6.天然物が居た場合、保護する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

12.シエラ・クラブ
外の世界、特に自然界での生活に憧れている結社。
但し、外の世界の事は良く知らない。外から自然を持ち込んだりする。
外世界でのミッションがあるなら、役に立てるのだろう…。

特典:サバイバル+2
欠点:植物があるとつい興奮する

メインミッション:
ι(イオタ)コンプレックス内の自然を撮影する
サブミッション:
1.ロマンテクスが居る場合、彼らと協力する
2.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける

―――――――――――――――――――――――――――――――――

13.デス・レパード
一言にも二言にもテ.ロ.リ.ス.ト.としか言いようが無い無.法.者.の結社。
狂気、実に愉快。放っておけば危険。気がつかれない内が花。
この結社で上位になると、指.名.手.配.を越える危険度と認定される。

特典:破壊工作+1と武器の支給
欠点:ばれた瞬間周り全員が敵になる

メインミッション:
依頼先の施設をチームメンバー(1人以上)もろとも爆破する
サブミッション:
1.10回以上何かを爆破する
2.パージが居る場合、(他にばれる直前まで)支援を受ける
3.イルミナティが居る場合、(他にばれる直前まで)彼らと協力する
4.フランケンシュタインが居る場合、(他にばれる直前まで)彼らと協力する
5.とにかくデスレパであることを隠す
6.デブリーフィングをなんとかサボる
7.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
8.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

14.トレッキー
見て見ぬフリが一番な、変人の集会‥‥じゃなくて結社。
自分達の正体を全く隠していないのに無視されている辺り、最強?
結社の中では、目的が一切不明でフリーダムなのかもしれない…。

特典:幸運+2と改造と施設知識+1
欠点:基本無視されてるから、交渉は9割方失敗する

メインミッション:
みんなを笑わせる(もう笑い死にさせる勢いで)
サブミッション:
1.依頼先に潜伏しているトレッキーと鬼ごっこをして情報を貰う
2.依頼先に潜伏しているトレッキーとかくれんぼをして情報を貰う
3.依頼先に潜伏しているトレッキーとじゃんけんをして情報を貰う
4.チームメンバー1人以上と友達になる
5.必ず生きて帰る
6.クイーンゼロが居る場合、彼らを連れて全力で逃げる

―――――――――――――――――――――――――――――――――

15.パージ
知られると色々と不味いのか、表向きは全く謎に包まれた結社。
その実態は軍のような物で、この変な世界を壊す為に手段は選ばない。
目的の為にプライドを投げ捨てることもあり、とんでもない策士と言える。

特典:結社の支援と施設知識と隠密+1
欠点:デスレパともそれなりに仲がいいので、時々仲間だと思われる

メインミッション:
UV様を困らせる
サブミッション:
1.必ず生きて帰る
2.デスレパが居る場合、(ばれる直前までは)彼らに協力する
3.イルミナティが居る場合、彼らに協力する
4.フランケンシュタインが居る場合、彼らに協力する
5.ユマニストが居る場合、彼らに協力する
6.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
7.アースマザーズが居る場合、彼らを助ける
8.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
9.メタリカが居る場合、1回以上破壊する
10.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
11.天然物が居た場合、保護する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

16.フランケンシュタイン・デストロイヤー
詰めが甘く、ロボットからの報告が度々ある結社。
機械は道具だと主張し、知性ある機械は滅ぼすべきと考える。
AI機械を対象としたテ.ロ.リ.ス.ト.。

特典:筋力の能力値と器用の能力値+1
欠点:何かと詰めが甘い

メインミッション:
AI機械を3体以上ぶっ壊す
サブミッション:
1.メタリカが居る場合、彼らを3回以上壊す
2.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.パージが居る場合、彼らに協力を仰ぐ
5.デスレパが居る場合、(ばれる直前までは)彼らと協力する
6.イルミナティが居る場合、彼らと協力する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

17.フリー・エンタープライズ(自由企業)
商人による市民たちのための企業っつーか結社。
この結社に所属する者の殆どが商人で、自分の店を持っている。
(プレイヤーは自分の店を持って居ないので、代行販売だけすることがある)
但し彼らは同時に詐.欺.師.でもある。気をつけたまえ‥‥。

特典:あつかましさの能力値+1と商品の安価購入
欠点:寧ろ売る側なので、クレジットをかなりケチる傾向がある

メインミッション:
チームメンバーに商品を売りつける
サブミッション:
1.途中で(できるだけ安く)買い物をする
2.何かを偽.造.する
3.最低1人を言いくるめる(騙りでもOK)
4.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
5.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける

―――――――――――――――――――――――――――――――――

18.プロ・テック
新技術の開発と研究をしたり、勝手に改造する結社。
使いやすくなるのは有り難いので、それなりの支持はあるようだ。
危険を顧みずに改造を楽しむ辺りが、狂信者とは違う所と言えよう。

特典:メカ適応の能力値+2
欠点:改造の結果、性能を褒められるとつい自分が改造したと口を滑らせる

メインミッション:
依頼先で何か1つ以上プログラムの改造を行う
サブミッション:
1.狂信者が居る場合、邪魔をして1回以上.殺.害.する
2.フランケンシュタインが居る場合、1人以上.殺.害.する
3.デスレパが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
5.壊れた機械を見つけた場合、なおす
6.ユマニストが居る場合、彼らと協力する
7.メタリカが居る場合、彼らを1回以上メンテナンスする
8.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける

―――――――――――――――――――――――――――――――――

19.ミスティック
非公式の宗.教.っぽい雰囲気を漂わせている結社。
現実から目を背け、薬.物.やでたらめな文献に逃げている。
とはいえ、彼らはそれで救われているのだから不思議。

特典:1クローン中1回プロパガンダ回避
欠点:中.毒.

メインミッション:
幸福薬を1回以上打たれる(或いは打つ)
サブミッション:
1.文献をどこか人目につく所に置いてくる
2.FCCCPが居る場合、1人以上.殺.害.する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

20.ユマニスト
この世界がおかしいと気がついている、比較的平和的な結社。
パージと似ているが、何処よりもこの世界の何が変かを理解している。
フランケン同様、機械は道具派だが、破壊よりは改善のプロ・テック寄り。

特典:コンピュータープログラミング+1と武器の支給
欠点:損得を全く考えず、とっさに友好的に出ようとする癖がある

メインミッション:
1回以上プログラミングスキルを使う
サブミッション:
1.チームメンバー1人以上と友達になる
2.ロマンテクスが居る場合、彼らの手助けをする
3.パージが居る場合、彼らと協力する
4.プロテックが居る場合、彼らを手伝う
5.アースマザーズが居る場合、彼らを助ける
6.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける
7.天然物が居た場合、保護する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

21.ロマンテクス
過去(旧世界)に憧れ、過去(旧世界)に依存している結社。
旧世界の知識を持ち、それに倣って生活することを好み、願う。
比較的のほほんとしているが、派閥によってはとてもじゃないが付いて行けない。

特典:旧世界知識+2
欠点:うっかり口を滑らせてしまうことがある

メインミッション:
旧世界の情報を奪取する
サブミッション:
1.旧世界の文献を1つ以上拾ってくる
2.(SCがB以上なら)旧世界についてメンバーと話す
3.ユマニストが居る場合、彼らの手助けをする
4.シエラクラブが居る場合、彼らと協力する
5.アースマザーズが居る場合、彼らを助ける
6.クイーンゼロが居る場合、彼らを助ける

―――――――――――――――――――――――――――――――――

22.世界国際労働者組合
ス.パ.イ.が集まる謎の結社。
同結社内で反.逆.を通報し合うという謎。一体何が楽しいのかサッパリ判らない。
全員がス.パ.イ.なので、時にはコミュニストを味方とする場合もあるようだ。

特典:俊敏の能力値+1と手先の早業+1
欠点:同結社の別派閥の人間に見つかった場合‥‥

メインミッション:
依頼先に潜伏している同結社味方の撮影
サブミッション:
1.同結社味方のカメラに写らない
2.コミュニストが居る場合、利用する

―――――――――――――――――――――――――――――――――

23.他コンプレックスからの密.偵
α、η(エータ)、ο(オミクロン)等の他のコンプレックスからこっそり現れた者たち。
結社っていうか‥‥それ、結社じゃないよね?

特典:全種能力値+3と偽.造.+1と、施設知識、サバイバル、騙り、隠密+3
欠点:クローン-5(此処には君のクローンが無い!)

メインミッション:
ι(イオタ)コンプレックスの内情を探る
サブミッション:
1.ι(イオタ)コンプレックスの撮影をする
2.必ず生きて帰る
3.コミュニストが居る場合、1人以上.殺.害.する
4.デブリーフィングをなんとかサボる

―――――――――――――――――――――――――――――――――

24.クイーン・ゼロ
ぶっちゃけただの喫茶店である為、結社だと思われていない結社。
戦.争.以外の方法で、この世界を変えられないかを考えている。
無駄に友好的だが口は何よりも堅いので他結社の任務に食料持参で同行することも。
※サービスグループでクイーン・ゼロを選んだ時のみ所属可能

特典:感受性の基本値+3、MT能力と幸運+3、結社1種&トレッキーとコネクション、食料支給
欠点:筋力能力値1固定、筋力と器用の基本値0固定。筋力と器用スキル習得不可

メインミッション:
メンバーを満腹にする
サブミッション:
1.駄目元でUV様をお茶会に誘う
2.必ず生きて帰る
3.チームメンバーと仲良くなる
4.トレッキーが居る場合、彼らに危.害.を加えさせない
5.基本どの結社とも協力する(というか守って貰うのが正しい?)
6.全ての結社について、良くも悪くも言わない
7.コネクションのある結社に協力を求める
8.天然物が居る場合、全力で守る



※サイオン、クイーン・ゼロ所属でサイオンとコネクションを持つ場合
結社ミッションで能力開発や解析・強化に関わることがあります。










【秘密結社背景・Q0式】

1.FCCCP(救世主たるプログラマのための第一教会)
今この時代に於いて
生きる為にも、すがり、頼る相手がコンピューター様だけだった。
旧世界にも居たという名も判らない救世主‥‥
それを、コンピュータ様と重ね、彼らは永遠という名の救いを求める。
その為に、自分や、時に人の命を削る事になったとしても‥‥。
神(コンピュータ様)が、望むのなら。
そして、いつか‥‥振り向いてくれることを‥‥。
彼らの元に“箱舟”は、来るのだろうか‥‥?


―――――――――――――――――――――――――――――――――

2.アース・マザーズ
今のこの世界では、旧世界のように“普通に”子供が生まれない。
全ての人間は、コンピューター様の中にある
旧世界の記憶から少しずつデータを引き出して作られている。
そう‥‥だからクローンが存在しているのだ。
でも、彼らは知っている。
そんな今の自分達でも、新しい命を授かることが出来ると。
さあ、今一度抗うのだ。
“天然物”の生命を、また、この世に‥‥。
※彼らは結社外で生まれた天然物にも興味津々だ


―――――――――――――――――――――――――――――――――

3.アンチ・ミュータント
ミュータントとは、言わば突然変異だ。
そう、突然変異。だから、数は極わずかなはずだった。
でも今は違う。隣にいる者がミュータントであることだってザラではない。
ミュータントは、コンピューター様が恐れる相手。
その力は“観る”ことが出来ないからだ。
人間が幽霊を恐れるのと同じような感覚で、コンピューター様が恐れる。
彼らはそれを排除しようとしている。
最も完璧で幸福でなければならないコンピューター様を
幸福でなくする“ミュータント”という存在を‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

4.イルミナティ
別に、平等が欲しいわけじゃない。
ただ、高みの見物をするようになった市民が許せない。
その、階級を作ったコンピューターが許せない。
彼らは、自分達を見下し、道具のように扱う事に怒りを露にした。
手の届かないUV。そしてコンピューター。
でも、UVだっていつかは死ぬ。
だったら、いつかUVになる可能性のある上位SCを全員殺.してしまえばいい。
戦うなら、本気で、命を投げ捨てる覚悟で行け!その覚悟も無いのに来た奴は‥‥
‥‥極論だ。
でも、彼らにはそう考えることでしか道を選べなかったのだ‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

5.ウィキペディアン
彼らは考えた。
全ての情報は、何故開示されていないのだろう‥‥と。
旧世界では、情報は欲っすればいくらでも手に入れられたという。
なのに今のこの世界では、情報はSCによって制限されている。
例えSCがVになったとしても、恐らく全ての情報は手に入らないだろう。
情報は、生きる為に必要不可欠なものだ。
それが制限されているというのは、なんて不平等なのだろう?
そんな彼らの疑問は、実際に行動に出る事へと発展する。
動かなければ、何も始まらないのだ‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

6.クローン・レンジャー
最初は、ただの興味だった。
でもそれは、だんだんと膨らんで、欲望へと変化した。
例え今のこの身が滅んでも、また新しい体が運ばれてくる。
それは、言わば“不死”を意味していた。
旧世界の人間も一度は夢見たという不老不死。
不老とまでは行かないが、その“不死”が目の前にある。
死の来ない死。考えれば恐ろしいことだが
彼らにとっては違ったのだろう。
望めばずっと生きていられるように‥‥
彼らはあらゆる手段を使って、クローンを不.法.入手した‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

7.コープ・メタリカ
ι(イオタ)コンプレックス
それは、地下に作られた巨大な都市。
旧世界(地上)のように、自然というものはないが
粗それに近いようには作られていた。
しかし、その地上が汚染されてしまった所為なのか
この地下にもその害は及んでいた。
それに、今の人間はコンピューター様の管理の下でしか生きられない。
このままでは、いつ人類が滅んだっておかしくない。
絶望した彼らは、生きられる体を求めた。
そう。機械化という、コンピューター様のような半永久的な体を。
彼らのそんな絶望も‥‥近い内に枯れてしまうのだろう‥‥か?


―――――――――――――――――――――――――――――――――

8.コミュニスト(共.産.主義)
コンピューター様にも怖いものがある。
それを知った彼らは、最初はちょっとした遊び心から始めた行動だった。
旧世界にあったという“共.産.主義”。
それは、今のこの世界にはない“平等”を説くものであり
この世界の社会のあり方では、ありえないものだった。
自らコミュニストを謳った。効果は覿面だった。
いや、実にありすぎた。
初めて聞く“平等”という響きに、市民たちが魅かれ立ち上がったのだ。
もう後戻りは出来ない。
彼らはコミュニストとして、判りもしない“共.産.主義”を謳い続ける‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

9.コンピュータ・フリーク(コンピュータ狂.信.者)
この世界は壊れている。
だったら、壊れた世界に管理された自分達だって壊れてるじゃないか。
何が完璧だ?
この世界は壊れている。
壊れているのなら、もっと壊したっていいじゃないか。
壊して壊して、壊しまくって、管理が追いつかない位壊して‥‥
それから‥‥
それから‥‥
ああ、そうだ‥‥。
彼らは、自分達が完璧だから機械の中を自由に荒.らして壊せるのだと
そう、考えるようになった‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

10.サイオン
え、平凡?何?そのつまらなさそうなものは。
そうやって、いつの間にか笑っていた。
突然変異で使えるようになったはずの能力。
それは、人其々である物の、とても便利な能力に違いなかった。
こんな便利な能力は放っておいたら勿体無い。
そこから始まって、研究、開発、そして解明をする内に
自分達の中にはまだ使われていない領域があることを発見した。
それをどうにかして活性化することが出来れば‥‥
研究の成果は案外すぐに出た。
彼らは‥‥2つ目の能力を引き出す事に成功したのだ。
この世界で、能力を生かすことが、最も懸命な生き方だと信じて‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

11.サバス・ホール
この拳に籠められたのは、力だけではない。
この肉体に秘められたのは、精神だけではない。
そう、可能性。
例え能力に頼らずとも
例え機械に頼らずとも
こうして体を鍛えることによって、様々なことが出来るようになる。
体力がつき、力が付く。それは、長時間動けるということ。
そして、少しの苦労や苦難など、なんともない精神が育つということ。
即ち、健康。幸福。
己を磨き、鍛えることで、きっと何でもできるだろう。
彼らは、自分たちの中にある“可能性”を信じて立ち上がる‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

12.シエラ・クラブ
なんて綺麗なんだろう‥‥。
うっとりとした顔で見つめる先にあるのは
旧世界にあるという“自然”の資料。
鮮やかな緑の中に、色とりどりの華やかさがある。
しなやかに、力強く伸びる茶色は、鋭くも、優しさを帯びていた。
高くそびえるそれらは、頭上を覆い尽くし
光の殆どを遮って、淡い色だけを地面に照らし出していた。
“自然”は、他にも色々なものがあった。
でも、最も目を惹いたのが、その緑だった。
人間は、こういう場所で暮らすべきだ。
でも、地上は危険な所だと言う。
だったら、ここに自然を持ち込めばいい。
安易な考えだが、そこから彼らは立ち上がる‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

13.デス・レパード
彼らの願いは、絶望を希望に変えることだった。
でもどうしたらそれができる?どうしたら今を変えられる?
たどり着いた答えは、戦。
じゃあ、どうやって戦おうか?
この戦いが上手く行けば、きっと救われるだろう。
その為に、命なんか惜しくも無い。
あとのことは、仲間が何とかしてくれるのだから。
彼らは、捨て身で戦うことを選んだ。
破壊して、破壊して、とにかく破壊して‥‥。
何かが変わるなら、全てが敵になっても怖く無い。笑っていられる。
変えたかったというより、気が付いて欲しかったのかもしれない。
この苦しみを。
この、絶望を‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

14.トレッキー
ある時、ふと見た映像があった。
それは、普段放送されている物とは全く別の物だった。
誰かがハッキングを仕掛けて、別の物を放映したのだろう。
初めて見るそれは、確かに、心に何かの違和感を与えた。
‥‥同じような違和感を抱いた市民は何人も居た。
彼らはそれを“楽しい”であると理解した。
楽しいを共有し、広め、笑顔でいっぱいに出来たら
ソレはどんなにハッピーなことなのだろう?
この世界では異端だが、発想はとてもいいことだった。
しかし彼らは、旧世界の物であるソレを詳しくは知らない。
故に、地味に歪んだ楽しい‥‥“トレッキー”となる。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

15.パージ
こんな‥‥ことって‥‥。
幸福?本当にそうか?そうなら、何故こんなにも悲しい?
秩序?この世界に、そんなものがあるのか‥‥?
この世界を管理するコンピューター
そして、その代弁者とされるUV。
この2つの存在は、友達と称されている自分達を
一体どのように扱っているのかを、自分で理解しているのだろうか?
一体、何人ものの罪の無い犠牲が出たのだろう?
一体、何人ものの大切なものを失えばいいのだろう?
こうして考えて、立ち止まっているうちにも‥‥ほら、また1人‥‥。
‥‥立たなきゃ。そして、動かなきゃ。
どんな手を使ってでも、このおかしな世界は壊すべきだ!
市民たちよ、今一度‥‥力を一つに!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

16.フランケンシュタイン・デストロイヤー
AIだと?ふざけるんじゃない。
何で機械が自我を持っているんだ?
そんなものがどうして必要なんだ?
機械なんて、自分たちの言うことを聞いて、その上で動けばそれでいい。
自我を持った機械は、危険でしかない。
いつか人間を滅ぼすようになる存在に違いない。
そんな危険なものは、ぶっ壊せばいい!
彼らは
自分たちの恐ろしさを、機械に思い知らせようと立ち上がる‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

17.フリー・エンタープライズ(自由企業)
戦いで世界が動かないのなら
経済で世界を動かせばいいじゃないか。
彼らの着眼点は、他の市民とは大きく異なっていた。
商人による、市民の為の大企業として発足されたソレは
このι(イオタ)コンプレックスの経済を握ることで
この世界を逆に支配してやろうと考えたのだ。
その野望が達成されるかどうかは判らないが
市民にとっても、サービスグループにとっても
彼らは無くてはならない存在であることは確かなようだ‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

18.プロ・テック
ああ、これじゃ全然だめだ。話にならない。
そんな独り言は闇に消える。
ありとあらゆるプログラムを改.ざんした。
誰かを困らせようとしたわけではない。
欠点を、徹底的になおして回っているのだ。
それも、勝手に。
単に、自分が使い辛かったからというだけだった。
自分の為が、人の為になる事を知り
それが次第に広まって、やがて組織が出来上がる‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

19.ミスティック
この気持ちは何だろう?
ああ、そうか。これがSSMか‥‥。
幸福が義務なこの世界で、SSMになる市民は多く居た。
彼らの一部は、なんとか救いを求めたかった。
FCCCP所属ではない、別の救いが欲しかった。
こんな酷い現実には、もう興味も関心も‥‥未練も無い。
そう。どうでもいい。
本当の、夢のような世界に逃げてしまいたいと強く願い
旧世界にあった不思議な文献と、薬に手を染めた。
そして彼らは気が付く。
このまま、心の中に閉じこもればいいのだ‥‥と。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

20.ユマニスト
この世界はおかしい。でも何がおかしい?
市民の考えは、大抵が此処で止まったままだった。
でも、彼らは違う。
コンピューター様が狂ってしまった。その所為でこの世界が壊れた。
UV様や、一部の上位SCの者はそれを知っていながら
見てみぬフリをして、良いように利用している‥‥
だからこの世界は、どんどん壊れていくだけなのだ、と。
簡単に人の心は変えられない。欲望とは恐ろしく強いものだ。
だったらどうすればいい?機械をどうにかすればいい。
壊すのではなく、旧世界のように、人間が使うという方向で。
そうやって、コンピューター様の狂いを治すことさえ出来れば
この世界は、真に幸福な世界になるはずなのだ‥‥と。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

21.ロマンテクス
大崩壊を迎える前の地上「旧世界」
それは、活気が溢れて、人間が生き生きとすごしていた時代。
地域によりはするが、大きな地域では格差なんて殆ど無かった。
平等ではないにしても、SCのような分け隔ては無かった。
彼らの目には、光と、希望と、笑顔に溢れているように映る。
自由に外を駆け回る子供たち。
安易に物に触れたって爆発なんかもしない。
見たことの無い食べ物や、遊び道具があった。
彼らは、旧世界に強く魅かれ、憧れ、復活を願う。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

22.世界国際労働者組合
ある時、コンピューター様が言った。
このコンプレックスには、スパイが存在している。と。
最初は、何を言っているのか理解できなかった。
実際にはそんなものは居ないにも等しい。
しかしコンピューター様は頑として譲らない。
居るに違いないと言う。
ならば‥‥自分たちがその“スパイ”とやらをやってやろう。
そうして彼らはスパイになった。
コンプレックスのスパイではないが
それでコンピューター様が安心するのならば‥‥と。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

23.他コンプレックスからの密偵
一種の興味というやつだろうか。
別のコンプレックスがあると聞いた時、とてもワクワクしたものだ。
一体、どんな所で、どういうことをしている場所なのだろう。と。
此処とは別のコンプレックス。
ある者は理想郷だと目を輝かせ
ある者はこちらのコンプレックスを支配しようと企んでいると警戒した。
いずれにしても、実際に調べてみなければ判らないことだ。
そこで、彼らは密偵として別のコンプレックスへの侵入を試みる。
バレてしまったらお仕舞いだ。
とても危険な任務だが、それだけの価値を、見出せるかもしれない‥‥。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

24.クイーン・ゼロ
反逆にならない平等の限界を知った彼らは、喫茶を開いた。
客の機密保持の為に、施設には様々な工夫を施し、クリアした。
そして、新しく求める“限界”が出来る。
市民たちは、戦ったり支配することでしか道が開けないと思っている。
だから、自分たちはその他の方法を探してみよう。と。
機械を弄ったり、能力を駆使したり、何かを破壊したり
そんなことで、解ける氷があるだろうか?‥‥否。
市民たちが無慈悲に傷ついているのは
確かにコンピューター様の暴走やUV様の悪ふざけも1つの要因だ。
でも、そうなったのが何故なのかを
市民たちは、1度でも考えたことがあるのだろうか‥‥?
市民の中には‥‥本当は、UV様も含まれているのだと‥‥知っている。







因みにリアルの私は
公式の方で行くとユマニスト、Q0式で行くとクイーン・ゼロです。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。